SaaSアプリ上のデータを保護する製品を日本市場で提供--パロアルト

山田竜司 (編集部) 2017年03月21日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パロアルトネットワークスは3月17日、法人向けSaaSアプリケーション上のデータを保護するためのSaaS「Aperture」の日本市場での提供を開始すると発表した。3月21日から、販売代理店を通じて提供を開始する。サブスクリプションモデルで提供し、マルウェア防御機能が標準で含まれる。

 Apertureは、組織で利用が許可された法人向けSaaSアプリケーションの脅威防御や情報漏えい対策のための管理者向けSaaS。許可されていないSaaSアプリケーションへのアクセスの可視化と制御ができる。

 パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスクラウドWildFireと連携することで、SaaSアプリケーション内の既知および未知のマルウェアをブロックする。また、SaaSアプリケーション内のデータの動きの可視化と、機械学習によるコンテンツ解析による文書ファイルの分類が可能という。

 対応するSaaSアプリケーションは、Box、Dropbox、GitHub、Google Drive、Microsoft Office 365、Salesforce、Secure Data Space (SSP Europe)、Slack、Jive、 ServiceNowなどのコラボレーションソフトであり、今後拡張予定とした。


Apertureにより強化された次世代セキュリティプラットフォームによるSaaSアプリケーションの可視化と制御:イメージ図

 パロアルトネットワークス プロダクトマーケティングマネージャーの広瀬努氏は「標的型メール攻撃などの流行に対し、世界的にEメール添付のWindows実行ファイル数が減少傾向にある一方、日本はこの数が突出して多くコラボレーションするツールとしてのEメールに依存していることがうかがえる。Apertureの機能によりユーザーを管理し、スクリプト実行を抑止することが有効」とアピールした。


 Apertureに対応するSaaSアプリケーションであるオンラインストレージのBoxを展開するBox Japanの代表取締役社長 古市克典氏はApertureが、複数SaaSの利用者挙動をダッシュボードで管理でき、未知のマルウェアに対応できる点で有力と指摘。

 ユーザーが複数のSaaSを利用することにより、偶発的な事故による情報漏えい、マルウェアの拡散といったリスクが高まるため、セキュリティ対策を講じる必要があるというパロアルトネットワークスの主張を支持していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算