編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
Gartner Summit

デジタル変革時代を生き抜くマインド--ガートナーサミットでサキコーポレーション - (page 2)

日川佳三

2017-03-28 07:30

時代の最先端にいれば、マインドセットは変わらざるを得ない

 周辺環境の変化を受け止めるというマインドセットも必要という。

 同社は1990年代後半、ソニーのポータブルオーディオプレーヤであるウォークマンの生産ラインに検査装置を納めた。当時ソニーは世界最小最軽量のモノ作りに挑戦していたが、これを支える製品サービスが無かったという。「ダントツに検査スピードが速い検査装置を出して、ここに入り込んだ」(秋山氏)

 ウォークマンの生産ラインで得られた技術を生かすことによって、2000年頃には携帯電話を作ることができるようになったと秋山氏は回顧する。その後は、パソコンもノート型になり、2010年頃にはタブレットPCになった。現在では車載コンピュータも登場している。

 「最初にチャンスをくれたのはソニー。ソニーが挑戦していたから、その後に携帯電話の世界に出ていけた。現在、自動車や社会インフラ分野のパートナ企業は米国や欧州の企業。時代のトップランナーの顔ぶれはどんどん変わっている」(秋山氏)

 時代の最先端にいれば、マインドセットは変わらざるを得ない、と秋山氏は説く。最先端の挑戦者のビジネスパートナとなるために、将来性のある課題を見つける必要がある。「何もしないことのリスクをどれだけ実感できるかが重要だ」(秋山氏)

 秋山氏は、座右の銘としているアラン・ケイの言葉で講演を締めくくった。「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである」。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]