編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MSとアドビ、クラウドでの提携で前進--サービス連携、データモデル共同開発も

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-22 11:18

 2016年9月、Adobe Systemsの代表者は「Adobe Creative Cloud」「Marketing Cloud」「Document Cloud」などの自社クラウドサービスを「Azure」でホスティングされたサービスとして提供し、自社のサービスを動かすクラウドプラットフォームとしてAzureを推奨すると述べていた。そして米国時間3月21日、AdobeとMicrosoftはその成果について最新情報を明らかにした。

azure

 2社は、AdobeのMarketing Cloudが、CRM/ERPを組み合わせたスイート「Dynamics 365 Enterprise」エディションの推奨マーケティングサービスとなることも発表していた。なお、Microsoftは非公式ながら、自社でもSMB向けのマーケティングアプリを開発している。

 米国時間3月19日に開幕した「Adobe Summit」で、Adobeは「Adobe Experience Cloud」という包括的なクラウドサービスを発表した。これは、「Adobe Marketing Cloud」「Analytics Cloud」「Adobe Advertising Cloud」で構成される。同社はまた、Adobe AnalyticsがMicrosoft Power BIと連携可能になることも明らかにしている。

 2社は9月に発表した目標に向けて漸進的に前進している。Adobe Marketing Cloudのコンポーネントである「Adobe Experience Manager Sites Managed Service」をAzureでホスティングされているサービスとして提供するほか、Marketing Cloudの別のコンポーネント「Adobe Campaign」はDynamics 365と統合可能になる。

 AdobeとMicrosoftは顧客エンゲージメントのためのセマンティックデータモデルでも協業する。AppDynamics、Acxiom、Dun & Bradstreet、Qualtrics、Zendesk、[24]7、MasterCardなどと連携し、共通言語をベースにアプリケーションを構築する。発表資料からは、このモデルがMicrosoftの「共通データモデル(CDM)」とどのように関連するのかはわからない。CDMはDynamics 365サービスの中核となるものだ(Microsoftの代表者はつい先日、CDMではなくCommon Data Service(CDS)と呼んでいた。だが、関連性という点では不明だ)。

 Microsoftの代表者によると、Microsoftが5月に予定している「Build 2017」でこの計画についての最新情報を明らかにするという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]