編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レノボ、データセンター事業強化へ--元インテルのCIOをグループ幹部に起用

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-27 12:04

 Lenovoは苦戦するデータセンター事業グループのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーに、Intelで最高情報責任者(CIO)を務めたKim Stevenson氏を起用することを発表した。同社は、2月に発表した第3四半期決算で、データセンター事業グループの売上高が前年同期から20%減少し、11億ドルとなったと報告していた。

Kim Stevenson氏
Kim Stevenson氏
提供:Intel

 Lenovoのデータセンター事業の大部分を占めるのは、IBMから取得したコモディティーサーバ事業だ。同事業部は現在、サーバ、ストレージ、ソフトウェア、サービスで構成される。LenovoはSAPなど、エンタープライズ分野における主要な企業と提携しているが、営業とチャネルインフラという点では同部門には十分な体制が整っていない。

 声明文で、Lenovoはデータセンター事業グループを5つの市場セグメントに分けることを発表した。データセンターインフラ、ソフトウェア定義データセンター、高性能コンピューティング(HPC)と人工知能(AI)アプリケーション、「ハイパースケール」システム、データセンターサービスだ。

 Stevenson氏は、Lenovoの中核となるデータセンター製品、ソリューションポートフォリオを含むインフラ部分を統括する。

 Lenovoはまた、3人の幹部がデータセンター事業グループ内の他のグループに異動することも発表している。Paul Ju氏がハイパースケール担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーとなり、ハイパフォーマンスコンピューティングとAI担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーにはMadhu Matta氏が任命された。Radhika Krishnan氏がソフトウェア定義データセンター担当のエグゼクティブディレクター兼ゼネラルマネージャーに就任する。新たに任命されたセグメント担当リーダーは、データセンター事業グループのエグゼクティブバイスプレジデント兼プレジデントを務めるKirk Skaugen氏の直属となる。

 Skaugen氏は「Kim(Stevenson)は高い実績のある技術リーダーで広く認められている人物だ。彼女がLenovoに加わることを嬉しく思っている」と声明文で述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]