編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

大分県とIPAが連携、セキュリティ試験合格者1000人を目標に--都道府県で初

ZDNet Japan Staff

2017-03-28 07:00

 情報処理推進機構(IPA)と大分県は3月27日、情報セキュリティ分野で相互連携することに合意したと発表した。大分県は今後5年間で「情報セキュリティマネジメント試験」の合格者1000人と「情報処理安全確保支援士」の登録者100人を目指す。

 今回の連携は、2019年のラグビーW杯開催地の同県が掲げる「情報セキュリティ先進県」としての取り組みによるもの。

 IPAは、県および県内市町村を対象に情報セキュリティ対策の専門的なアドバイスを行うほか、セミナー講師の派遣、情報セキュリティマネジメント試験や情報処理安全確保支援士の普及に資する情報提供などを行う。また、ITの利用や活用の促進と人材育成に向けた支援も図るとしている。


情報セキュリティ分野の連携で合意した大分県知事の広瀬勝貞氏(左)とIPA理事長の富田達夫氏(写真:IPA)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]