編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
企業決算

レッドハットの第4四半期、売上高が予想上回る--サブスクリプションが好調

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-28 11:32

 Red Hatは米国時間3月27日、2017年会計年度第4四半期(2016年12月~2017年2月期)決算を報告した。サブスクリプションの売り上げが業績を底上げし、予想を上回る内容となった。

 純利益は6600万ドル、1株あたり利益は36セントだった。非GAAPベースの1株あたり利益は61セント。売上高は前年同期比16%増の6億2900万ドルとなる。

 アナリストらの予想は、1株あたり利益が61セント、売上高は5億2100万ドルだった。

 堅調な四半期を支えたのは、サブスクリプションの売り上げだ。同期、サブスクリプションの売上高は前年同期比17%増加し、5億6000万ドルとなった。サブスクリプションの多く(約4億3500万ドル)を占めるのは、インフラ関連の製品だ。残りは、アプリケーション開発などが関連した技術となっている。

 Red Hatの最高財務責任者(CFO)Eric Shander氏は、「2017会計年度の100万ドルを上回る取引の数は30%以上増加した。2000万ドルを上回る取引の件数は過去最高に達した。この中には第4四半期に締結した初となる約1億ドルの取引もある」と述べた。

 Red Hatは通期見通しについて、調整後の1株あたり利益は2.6~2.64ドル、売上高は27億2000万~27億6000万ドルになるとした。アナリストの平均予想は、売上高27億1000万ドル、1株あたり利益2.59ドルとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]