編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

メディアアートを学ぶとイノベーションが分かる--1994年の「GoogleEarth」

増村岳史

2017-04-08 07:00

テクノロジを絵の具やキャンバスのように使うメディアアート

 エンジニアはプログラム言語という道具(ツール)を使いコンピュータというフィールドにシステムやアプリケーションなどの新たな価値を創造する。


 一方、画家はキャンバスというフィールド(専門用語では支持体という)に絵筆というツールを使用し絵の具という材料を使って作品を作ってゆく。

 現在、多くの美術作品はキャンバスに描かれているものがほとんどであるが、古くは石や壁面や地面がキャンバスの替わりとなっていた。

 長い歴史の中で概念や技術が進歩しキャンバスに落ち着いたのである。

 古代から続いているアートの歴史と比べるとITテクノロジの歴史はまだまだ浅いと言える。

 さて、メディアアートという言葉を耳にしたことがあるかもしれない。

 このメディアアート、絵筆の代わりにプログラムやインターフェイスをツールとして使いキャンバスの替わりにITデバイスという新たなフィールド(支持体)に作品を構築してゆく芸術活動ととらえると、わかりやすいのではないだろうか。

 このメディアアートと呼ばれているジャンル、英語ではNew Media Artと呼ばれている。

 長い歴史の中で石や地面がキャンバスにとって代わられたことを鑑みるとアートもテクノロジ同様、日々進化を続けているのである。

絵筆の代わりにITツールで描く画家たち

 まずは、従来の絵筆で作品を作りながらも新たなITツールを使用して作品を制作している代表的な作家を紹介する。

  • Julian Opie(イギリス:1958年〜)

 イギリスのロックバンド、BlurのCD『ザ・ベスト・オブ』のジャケットデザインなども手掛けているのでどこかで見たことがあるかもしれない。

 こちらの作品はLEDをキャンバス代わりに人々がウォーキングする作品である。



People. 25.
LED wall mounted long banner
28.0 x 364.0 x 11.6 cm
クリエイティブコモンズ出典画像

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]