編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

国内モバイルデバイス、2017年は5%増--タブレットはマイナス成長に

NO BUDGET

2017-03-30 16:25

 IDC Japanは、2017年の国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年比5.0%増の5084万台と予測、2016~2021年の年平均成長率は1.4%のプラス成長が見込まれるという。2016年の国内モバイルデバイス出荷台数は前年比1.1%増の4844万台だった。

 2017年の各分野別の予測では、スマートフォン市場は前年比10.4%増の3213万台で2016~2021年の年平均成長率は2.6%。タブレット市場は前年比9.4%減の701万台、2021年までの年平均成長率はマイナス3.6%。また、PC市場は前年比1.7%増の1073万台、2021年までの年平均成長率は1.8%のプラス成長が見込まれるという。

2016~2021年の国内モバイルデバイス市場出荷台数予測(IDC Japan提供)
2016~2021年の国内モバイルデバイス市場出荷台数予測(IDC Japan提供)

 IDCは、スマートフォン市場について、今後従来型携帯電話の主要部品供給が終息に向かい、スマートフォンへの切り替えが急速に進むと想定している。家庭市場向け携帯電話のみならず、企業で現在多く利用されている携帯電話も切り替えは進むという。

 マイナス成長が予測されるタブレット市場は、通信事業者向け、教育市場向け、金融などすでにタブレットが導入されている企業での買い替えが進むものの、家庭での買い替えや一般企業での新規導入などの需要は製品としての差別化が進みにくい状況が続くとしている。

 PC市場については、ビジネス市場向けの出荷が企業での買い替えサイクルが戻り始めてきており、2017年10月に予定されている「Windows 7」搭載PCの最終出荷に向けて買い替えが進むことから、2016年に引き続き回復基調を維持すると想定している。

 家庭市場向けは、2012年以来(2014年除く)前年比でマイナストレンドが続いてきたが、PCの利用人口が大きく変動しないことやスマートフォンの出荷も天井を打っていることから、2016~2017年で底打ちするとみている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]