編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Galaxy S8をデスクトップPCに変えるサムスンの「DeX」、「Citrix Receiver」と連携

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-30 11:03

 サムスンとCitrixは、米国時間3月29日に開催された「Samsung Unpacked」で、「Galaxy S8」をエンタープライズ対応のデスクトップ環境に変身させる機能で連携することを発表した。

 S8のユーザーは本体を新しいドッキングステーション「Samsung DeX」に設置して、デスクトップ体験を利用できるようになる。「Citrix Receiver」を使って仮想化アプリケーションを実行することにより、通常なら「Android」環境では動作しないエンタープライズアプリもS8のデスクトップ体験で利用できる。

 Citrix Receiverは、サーバやクラウドバックエンドインフラストラクチャへのセキュアなアクセスを実現するクライアントソフトウェアだ。もちろん、最高のデスクトップ体験を享受できるかどうかは、ネットワークや帯域幅、ユーザーのスマートフォンがプリンタなどのデバイスに接続可能かどうかといった要素次第となる。

 Citrixのプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントのCalvin Hsu氏は米ZDNetに対し、「われわれは、さまざまなネットワーク最適化と周辺機器最適化を提供している。そのことが、サムスンがこの製品で当社と提携したいと考えた理由の1つでもある」と述べた。

 DeXについては、内蔵ファンなどを備えており、「スマートに設計」されているとHsu氏は述べた。DeXはHDMIポートを備えるあらゆるディスプレイに接続可能だ。

 さらにCitrixは、エンタープライズモビリティ管理の「XenMobile」、「XenApp」「XenDesktop」、さらに「Samsung Knox」によるセキュアアプリのサポートも提供することで、サムスンのモバイルセキュリティおよび管理を支援している。Citrix XenMobileは「Enterprise Firmware-Over-The- Air」(E-FOTA)と呼ばれるサムスンの新機能もサポートする。E-FOTAを利用すると、IT管理者は端末がアップデートされるタイミングやアップデートされるバージョンをより細かく制御できる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]