編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」
Gartner Summit

SaaS ERPにまつわる7つの誤解を払拭せよ--ガートナーの本好氏

日川佳三

2017-05-02 08:15

 3月17日、「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2017」のセッションの1つとして、ガートナーのリサーチ部門でリサーチディレクターを務める本好宏次氏が登壇。「SaaS ERPをめぐる誤解を解く」と題して講演した。

本好宏次氏
ガートナー リサーチ部門 リサーチディレクター 本好宏次氏

 講演で取り上げるSaaS ERPとは、パブリッククラウドサービスを基盤としてSaaS型のサービスとして提供するERPのこと。IaaSやプライベートクラウドの上で既存のERPを動かす形態は対象には含まない。

 ERPのハイプサイクルでは、NetSuiteに代表される中堅中小企業向けのSaaS ERPは期待のピークを過ぎて幻滅期に位置している。今後普及していく。一方、SAPやOracle、ワークスアプリケーションズなどに代表される大企業向けのSaaS ERPは、今が期待のピークにある。

 本好氏は冒頭で、ユーザーがSaaS ERPに寄せている期待と懸念についてアンケート結果を示した。期待事項のトップ3は、導入コスト(52%)、利用コスト(50%)、セキュリティ(46%)だ。一方、懸念事項のトップ3は、利用コスト(48%)、セキュリティ(47%)、サービス存続性(35%)となった。

 「期待と懸念が両立しているが、これらの間に挟まったグレーの部分に現実がある」と本好氏は指摘する。SaaS ERPを検討する際には、長期利用した場合のTCO(総コスト)を調べることが大事とした。また、SaaS ERPは凄いスピードで進化するので「新機能に貪欲に追いつく体制作りをしよう」とした。

 講演では、SaaS ERPにまつわる誤解を7つ示し、それぞれについて解説した。7つの誤解は以下の通りだ。

  1. 安価である
  2. セキュアではない
  3. 存続性が低い
  4. 迅速に実装できる
  5. カスタマイズができない
  6. 早期に革新を実現できる
  7. モダンなUIで使いやすい

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]