編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
Gartner Summit

SaaS ERPにまつわる7つの誤解を払拭せよ--ガートナーの本好氏

日川佳三

2017-05-02 08:15

 3月17日、「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2017」のセッションの1つとして、ガートナーのリサーチ部門でリサーチディレクターを務める本好宏次氏が登壇。「SaaS ERPをめぐる誤解を解く」と題して講演した。

本好宏次氏
ガートナー リサーチ部門 リサーチディレクター 本好宏次氏

 講演で取り上げるSaaS ERPとは、パブリッククラウドサービスを基盤としてSaaS型のサービスとして提供するERPのこと。IaaSやプライベートクラウドの上で既存のERPを動かす形態は対象には含まない。

 ERPのハイプサイクルでは、NetSuiteに代表される中堅中小企業向けのSaaS ERPは期待のピークを過ぎて幻滅期に位置している。今後普及していく。一方、SAPやOracle、ワークスアプリケーションズなどに代表される大企業向けのSaaS ERPは、今が期待のピークにある。

 本好氏は冒頭で、ユーザーがSaaS ERPに寄せている期待と懸念についてアンケート結果を示した。期待事項のトップ3は、導入コスト(52%)、利用コスト(50%)、セキュリティ(46%)だ。一方、懸念事項のトップ3は、利用コスト(48%)、セキュリティ(47%)、サービス存続性(35%)となった。

 「期待と懸念が両立しているが、これらの間に挟まったグレーの部分に現実がある」と本好氏は指摘する。SaaS ERPを検討する際には、長期利用した場合のTCO(総コスト)を調べることが大事とした。また、SaaS ERPは凄いスピードで進化するので「新機能に貪欲に追いつく体制作りをしよう」とした。

 講演では、SaaS ERPにまつわる誤解を7つ示し、それぞれについて解説した。7つの誤解は以下の通りだ。

  1. 安価である
  2. セキュアではない
  3. 存続性が低い
  4. 迅速に実装できる
  5. カスタマイズができない
  6. 早期に革新を実現できる
  7. モダンなUIで使いやすい

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]