編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

三井住友海上火災保険とさくらインターネット、AI学習に最適な高速演算処理環境を共同構築

NO BUDGET

2017-03-31 09:45

 三井住友海上火災保険(三井住友海上)とさくらインターネットは3月29日、ディープラーニングによる人工知能(AI)の学習に適したクラウド環境を共同構築したと発表した。

 この環境には、さくらインターネットが提供する演算に特化した「高火力コンピューティング基盤」が利用され、高性能GPUをクラウドサーバに搭載し、機械学習やデータ解析向けに最適化している。

 高火力コンピューティング基盤は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のスーパーコンピューターシステムにも採用されている。三井住友海上は、さくらインターネットとAI学習を高速に行えるハードウエアを同基盤に構成し、独自にチューニングされた専用のクラウド環境を構築した。

 三井住友海上では、自社保有のビッグデータを活用したAI開発に取り組んでおり、既に損害車両画像から、修理費の見積もりを自動算出するプログラムの開発に着手している。今後、さまざまな用途に対応したAIを自社開発するため、今回の協業に至った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]