サポート切れの「IIS 6」でゼロデイ脆弱性が発見される--パッチ提供の予定はなし

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年03月31日 13時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Server」上のウェブサーバサービス「Windows Internet Information Services 6.0」(IIS 6)の脆弱性が、華南理工大学のセキュリティ研究者らによって公表された。このソフトウェアは既にサポートが終了しているため、パッチが公開される見込みはないものの、世界中でまだ数十万台ものサーバが稼働している。

 同大学の2名のセキュリティ研究者は、GitHub上でこの脆弱性の実証コードを公開するとともに、遠隔地からの同脆弱性を悪用した攻撃が2016年7月頃から発生していたと記している。

 影響のあるIIS 6は「Windows Server 2003」とともにリリースされた製品であり、2015年でサポートが終了している。

 このためMicrosoftは、同脆弱性を修正する予定はないとしている。

 Microsoftの広報担当者は「この問題は、現在サポートしているバージョンに影響を与えない」と述べるとともに、「われわれは顧客に対して、最新のOSにアップグレードし、堅牢かつ最新の保護によるメリットを得ることを引き続き推奨している」と述べている。

 インターネットに接続されている機器を検索できるサイト「Shodan」によると、IIS 6を稼働させている旧式のサーバがいまだに60万台以上存在しており、その多くは米国と中国にあるという。

 Trend Microの研究者らは同社ブログで、この脆弱性を悪用した攻撃が成功した場合、遠隔地からのコード実行が可能になるものの、攻撃が失敗した場合でもDoS攻撃につながる状況を作り出せる可能性があると述べている。

 また研究者らは、WebDAVの無効化によって同脆弱性の影響を低減できるはずだとも述べている。もちろん、OSをより新しい、セキュアなバージョンにアップグレードするという選択肢は常に有効だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算