編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

モバイル通信も可能な「Orange Pi 2G-IoT」が登場--わずか10ドル

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-04-04 10:41

 中国の深センに本拠を置くXunlong Softwareが、「Raspberry Pi 3」の価格を下回る「Orange Pi」を発売したのは、2016年のことだ。ただしRaspberry Pi 3と違い、Orange PiにはWi-Fi機能が搭載されていなかった。

 そのOrange Piに新モデル「Orange Pi 2G-IoT」が登場し、接続機能に関しては立場が逆になった。10ドルという価格にもかかわらず、無線LANとBluetoothだけでなく、開発者がモノのインターネット(IoT)に利用できる2Gアンテナが搭載されたのだ。

Orange Pi 2G-IoT
Orange Pi 2G-IoT
提供:Orange Pi

 Orange Pi 2G-IoTは、先ごろ発売された「Raspberry Pi Zero W」に対抗する製品だ。Raspberry Pi Zero Wも価格は10ドルで、無線LANとBluetooth機能を搭載しているが、モバイルネットワークにはアクセスできない。

 新しいOrange Piは、1GHzの「ARM Cortex-A5」プロセッサ(32ビット)、Vivanteの「GC860」GPU、および256MバイトのRAMを搭載している。

 また、Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)とBluetooth 2.1をサポートし、Raspberry Piと互換性のある40ピンGPIOコネクタを採用している。

 そのほか、動画と音声の入出力やUSB2.0ポートも装備。また、2GアンテナはGSM/GPRSデータ接続をサポートし、SIMカードを挿入できるスロットももちろん用意されている。

 オンラインショップAliExpressの商品説明によると、Orange Pi 2G-IoTは、「Android」「Ubuntu」「Debian」の各OS、およびRaspberry Piに対応しているという。

 Orange Pi 2G-IoTとRaspberry Pi Zero Wは同じ価格だが、後者はRAMの容量が2倍の512Mバイトだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]