編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、AIで営業チームの生産性向上を図る新製品発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-05 12:05

 Salesforce.comは米国時間4月4日、営業チームの生産性向上に向けた一連の技術と機能を盛り込んだ「Einstein High Velocity Sales Cloud」のリリースを発表した。

 3月上旬に提供が開始されたSalesforceの「Spring '17」リリースでは、「Sales Cloud」や「Service Cloud」「Marketing Cloud」「Commerce Cloud」「Analytics Cloud」「Community Cloud」を含むプラットフォームを通じて「Einstein」が公式に統合された。

 Einstein High Velocity Sales Cloudでは新機能と既存機能が1カ所にまとめられ、さまざまな営業担当者による人工知能(AI)機能へのアクセスがより容易になっている。

 このリリースには、リードの優先順位付けを自動化する「Einstein Lead Scoring」や、担当者と顧客のやり取りを自動的に記録する「Einstein Activity Capture」、電話番号検索の必要性を低減する「Lightning Dialer」、プロスペクトのエンゲージメントをリアルタイムで通知する「Salesforce Engage」、アプリ間のやり取りを低減する中央集中型のダッシュボード「Lightning Sales Console」といったSales Cloudの機能が含まれている。

 またSalesforceは同日、「Government Cloud」が航空宇宙分野や、米国防総省(DoD)を含むすべての機関における「Impact Level 4(IL4)Provisional Authorization」の認可を取得したと発表した。これにより、Salesforceのプラットフォームは航空宇宙分野や国防分野を通じて配備できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]