編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

グーグル、自社の最新SDN関連技術「Espresso」の概要を明らかに

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-05 11:51

 Googleは米国時間4月4日、自社のソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)戦略の最新の柱となる「Espresso」について詳細を明らかにした。

 10年以上の間、Googleは自社でネットワークインフラを構築し、新しく効率的なリアルタイムサービスを支えてきた。EspressoはGoogleのSDN戦略の4つ目の柱となり、さまざまなネットワークが自由に相互に接続するネットワークのピアリングエッジにSDNのアプローチを拡大するものだ。

 Espressoは2年以上前から稼働しており、Googleの全トラフィックの20%をインターネットにルーティングしている。GoogleフェローのAmin Vahdat氏は、「トラフィックがピアリングエッジにダイレクトされる方法を変えるもので、これまでにない拡張性、柔軟性、効率を実現する」とブログで説明している。

 Vahdat氏によると、Espressoは2つの点で革新的だという。まず、ユーザーを自分たちのIPアドレス(またはユーザーのDNSリゾルバのIPアドレス)をベースとした静的なポイントに接続する代わりに、Googleが動的にどこから提供するかを選択できるという特徴だ。これにより、Googleは実際の性能データに基づいてトラフィックのバランスを取ることができ、リアルタイムで障害や混雑に対応できるという。

 2つ目は、Googleがトラフィック管理の制御と論理を個々のルータの「箱」から分離できるようにする点だ。「数千台の個々のルータに依存して、管理したりパケットの流れから学ぶ代わりに、集合した情報を抽出する分散システムに機能をプッシュする」とVahdat氏は説明している。

 GoogleのSDN戦略にはデータセンターネットワークの取り組み「Jupiter」、ネットワーク仮想化スタック「Andromeda」などがあり、Espressoはこれらのレイヤをベースに構築されている。Googleはネットワークをインフラにおける重要部分と見ているとVahdat氏は記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]