編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

富士通、PostgreSQLの技術者育成でLPI-Japanと提携

NO BUDGET

2017-04-06 10:24

 富士通と特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は、「PostgreSQL」技術者育成におけるパートナーシップを締結した。PostgreSQLは、多くの企業が採用を進めているOSSデータベースだが、導入や運用が可能な専門技術者が不足しているため、その育成が急務となっている。

 今回、富士通のミドルウェア関連の技術者認定制度「富士通ミドルウェアマスター」の「データベース」資格試験に、LPI-Japanの「OSS-DB技術者認定試験 Silver(OSS-DB Exam Silver)」を取り入れ、4月1日より試験の申し込み受付を開始した。


「富士通ミドルウェアマスター」の「Professional データベース」体系図

 LPI-Japan の「OSS-DB技術者認定試験」は、2011年7月1日より実施しているもので、PostgreSQLを基準のRDBMSとして採用している。PostgreSQLの基本的な設計・開発・導入・運用ができる技術者を認定するOSS-DB Exam Silverと、PostgreSQLを用いた大規模なデータベースシステムの改善・運用管理・コンサルティングが可能な技術者を認定する「OSS-DB Exam Gold」の2種類の試験がある。

 また、OSS-DB Exam Silverに合格することで「OSS-DB Silver」、さらにOSS-DB Exam Goldに合格することによって「OSS-DB Gold」の資格を取得できる。

 富士通ミドルウェアマスターは、同社のミドルウェア製品を扱う技術者を対象にした試験の合格者に、資格を認定する制度。「データベース」「アプリケーション基盤」「運用管理」「セキュリティ」「クラウド」「モバイル」「セールス」の7分野の資格がある。2002年より認定を開始しており、現在約4万人の認定者がいる。

 今回、富士通ミドルウェアマスターに「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」と「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Enterprise」の2つの資格を新設する。Standardの資格取得条件は、OSS-DB Exam Silverの合格。Enterpriseは、OSS-DB Exam Silverの合格と富士通のe-learning受講が資格取得条件となっている。

 富士通はグループ全体で、2018年3月末までにOSS-DB Exam Silverの合格者が1000人規模に増えると見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]