ヴイエムウェアの「vCloud Air」事業、仏OVHが買収の意向

ZDNet Japan Staff

2017-04-06 12:02

 VMwareとフランスのクラウドプロバイダーOVHは米国時間4月4日、OVHが「VMWare vCloud Air」事業を買収する意向であることを発表した。買収条件の詳細は明らかになっていない。買収は2017年第2四半期に完了する見込みだ。

 vCloud Airは、セキュアなハイブリッドクラウドを実現したいというエンタープライズのニーズに合わせて設計された、VMwareのクラウドソリューションだ。VMwareは、ハイブリッドクラウドおよびクロスクラウドのソフトウェアやサービス提供を重視するよう事業戦略を進化させてきた。VMwareによれば、こうした戦略に基づき、vCloud Airを運用している米国と欧州のデータセンターや顧客関連チームなどがOVHに移管されるという。OVHは買収完了後も、VMwareのハイブリッドクラウド技術を利用する形でvCloud Airのサービスを「vCloud Air Powered by OVH」として引き続き提供する予定であり、VMwareと緊密に連携していく。

 VMwareの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は、発表の中で、今回の買収はvCloud Airの進化の「次のステップ」だと表現している。また、今回の買収は顧客にとってプラスになるものだと述べている。同氏によれば、顧客は世界的に展開されているOVHのデータセンターから選択できるようになるため、選択肢は広がり、パフォーマンスも向上するという。

 OVHは100万社を超える顧客を持ち、26万台以上のサーバを運用するクラウドサービスプロバイダーで、古くからのVMware vCloud Air Networkパートナーだ。両社は、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)関連サービスの提供でもパートナーシップを組んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]