NTT西日本、業務端末1万1300台に手のひら静脈認証を導入

NO BUDGET 2017年04月10日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本は、業務端末の認証方式に手のひら静脈認証を採用した。セキュリティの強化や従業員の利便性向上、運用コストの削減などを実現する。

PalmSecure-SLのセンサ
PalmSecure-SLのセンサ(出所:富士通)

 富士通と富士通フロンテックが提供する手のひら静脈認証装置「FUJITSU 生体認証 PalmSecure-SL」を導入した。2016年8月から導入を始め、現在は1万1300台で稼働している。

 NTT西日本はこれまで、業務システムへのログインにICカードと指紋情報を組み合わせて認証していた。しかし、ICカードは発行や管理など運用面の負担が大きく、指紋はセンサで読み取れないなどの課題があった。

 手のひら静脈は、体の表面の情報である指紋や顔に比べて偽造が困難であることや、指紋のように表面の摩耗や乾燥によって登録、照合できなくなることもない点が評価された。また、センサに接触することなく認証でき、衛生的であることも選定ポイントとなった。

 富士通グループでは、従業員7万5000人の静脈データサンプルを全世界で収集し、認証精度と適用率の確認。これらのサンプルで適用できなかったケースはなく、適用率の高さが実証されているとしている。

 PalmSecure-SLは、横48mm、奥行き48mm、高さ16.4mmという小型サイズで、持ち運びの邪魔にならず、机上のスペースを有効活用できる。本人拒否率0.01%(リトライ1回)、他人受入率0.001%以下という認証精度を実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算