イノベーションを起こす「デジタル人類」

あなたの会社でイノベーションを起こす「デジタル人類」の正体

林大介 2017年04月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル時代の変革格差

 以前、”デジタルバリューシフト”というテーマで記事を執筆した。「デジタルテクノロジは企業の価値そのものを変える」というテーマで、デジタル化により企業や社会をどう変えるかを紐解いていった。結局のところ、テクノロジそのものが価値を生み出したり脅威を引き起こしたりするわけではない。テクノロジを扱うわれわれが主人公であり、改めて自身の価値を見直すことが重要と説いた。

 あれから2年が経とうとしているが、社会や企業のデジタルバリューシフトは進んだだろうか。自動運転技術の開発は思ったように進んでいないし、自動運転車が公道を走る気配すらない。依然として最大のマスマーケティングの手段はテレビであり、巨額の広告費の対価の指標は視聴率である。

 一方で、無人店舗の「Amazon Go」のような未来を感じさせる試みも出始めており、コマツのスマートコンストラクションや、FANUCのField Systemなど、IoTやAIをコンセプトに変革に取り組む企業も多くなってきた。


 進んでいる企業と進んでいない企業、その変革の格差は一体何か。その変革格差の根本は、”人”にあると確信している。筆者は、所属するウフルにて、主にIoTの概念をベースとしたビジネスコンサルティングを提供しているが、変革の可能性を一番強く感じる瞬間は新しいデジタルテクノロジと出会った時やアイデアをひらめいた時ではなく、変革をリードするであろう”人”に出会った瞬間である。

 つまり、どんな素晴らしい技術も発想も、その価値を100%理解して行動につなげることができるリーダーの手に渡らなければ意味がないと感じている。

 筆者はこのようなデジタル時代の価値変遷に抵抗がなく、デジタルテクノロジの恩恵を最大限に受けられるであろう人々を「デジタル人類」と名付け、本連載のメインテーマとした。

 企業は今後この新しい人々をいかに味方に付けるかに腐心するべきであり、それに成功した企業が勝ち続けるだろう。連載第1回目の本稿では「デジタル人類」のアウトラインを述べようと思う。

なぜ人に着目すべきか

 シンギュラリティという言葉がある。日本語では技術的特異点と訳され、人間の脳の限界を、人間と機械が統合された文明が超えていく瞬間のこととされるが、その結果多くの人間が職を失うであろうという推察とセットで語られることが多い。

 では過去の(デジタルを含む)テクノロジは人間から職を奪わなかっただろうか。電話交換機は「交換手」という仕事をなくしたし、自動改札機は駅員から切符を切るという仕事を奪った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化