トップ棋士とグーグルのAI「AlphaGo」が再び対決へ

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2017年04月11日 07時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人間と人工知能(AI)ボットの戦いはまだ終わっていない。GoogleのAIである「AlphaGo」が、古代から親しまれてきた囲碁対局で韓国の囲碁世界王者Lee Sedol氏に勝利したのは1年前のことで、そろそろ再対決の時が来た。

 AlphaGoが今回対戦するのは、中国のトップ囲碁棋士Ke Jie氏。中国武漢市で5月に開催される5日間のAIサミットで対局すると、同社が米国時間4月10日に発表した。

 囲碁は長い間、コンピュータにとって最も難しい挑戦の1つと考えられていた。AlphaGoは、オンラインでこれまでに2度Ke Jie氏に勝利しており、AlphaGoとSedol氏の対局は、驚くほどスリルにあふれた、楽しい戦いだった。


囲碁棋士のKe Jie氏(写真右)。白いシャツを着ているのがGoogleのCEOであるSundar Pichai氏。
提供:Google

 厳密な一連の規則にただ従うだけでなく、経験から学習して人間に近い形で思考するコンピュータの能力であるAIは、人々の日常生活にますます浸透しつつある。Google検索やFacebookにおける投稿写真の中の人物認識に加え、医者が疾患の原因を特定するためにも活用されるケースが増えている。それと同時に、近い将来多くの人間の仕事を奪うのではないかとも危惧されている。

 Googleは、中国囲棋協会および中国政府と協力して、 AlphaGo、中国のトップ囲碁棋士、Googleと中国の優れたAI専門家を、5月23~27日に武漢市で開催される「Future of Go Summit」に招集する。

 同サミットではさまざまな対局形式で、人間とAIがともに囲碁を打ったり、対戦したりする予定だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算