編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフト、「Kubernetes」関連の新興企業Deisを買収へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-11 10:18

 Microsoftは米国時間4月10日、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を手がける新興企業Deisを買収する契約の締結を発表した。買収金額は公表されていない。


 MicrosoftのCloud & Enterpriseグループ担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるScott Guthrie氏は10日、同社のブログへの投稿で、サンフランシスコに拠点を置くDeisのテクノロジにより、「Windows」や「Linux」のコンテナポートフォリオに磨きがかかるだろうと述べている。また同氏によると今回の買収は、「Microsoft Azure」がコンテナ化されたワークロードの最適な稼働環境であることを保証するための取り組みの一環だという。


 Deisの最高技術責任者(CTO)Gabe Monroy氏はブログへの投稿で、同社のチームが「Workflow」や「Helm」「Steward」への貢献を継続するとともに、「Kubernetesコミュニティーとの緊密なかかわりを維持する」と述べている。

 Microsoftは2014年に、Kubernetes関連の開発でGoogleと協力する計画を発表していた。Kubernetesは、アプリケーションコンテナの配備や、スケーリング、運用の自動化を可能にするオープンソースのコンテナクラスタ管理ツールだ。Microsoftは2017年2月に、同社の「Azure Container Service」(ACS)上でKubernetesによるコンテナオーケストレーション機能の一般提供を開始している

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]