WikiLeaksが暴露したCIAのハッキングツールの使用実態が明らかに--シマンテック

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年04月11日 12時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ研究者らは、WikiLeaksによってその存在が明らかになった、米中央情報局(CIA)のハッキングツールが少なくとも16カ国で使用されていたことを確認した。

 WikiLeaksは3月、CIAから流出したと考えられる、同局のハッキング活動の詳細が記された8000件以上におよぶ内部ドキュメントを公開した。そしてセキュリティ企業のSymantecは米国時間4月10日、このドキュメントと関連付けられる、洗練されたサイバー諜報活動を遂行しているグループ(同社は「Longhorn」と呼んでいる)が少なくとも2011年から活動している事実を公表した。

 Symantecはその一例として、Longhorn(ツールの開発者とそのグループ)が、WikiLeaksによって公開されたドキュメント「Vault 7」に記載されている暗号プロトコルを使用している点を挙げた。

 Vault 7は「iPhone」や、「Android」搭載端末、スマートTVといった機器のハッキングに関する詳細を記したCIAの機密ファイルだ。これらツールは、Vault 7の暴露を受けて攻撃者が使用し始めたものではなく、かなり以前からサイバー諜報活動の一環として用いられてきているという。Symantecは、高度な技術を用いるとともに、北米地域以外を標的にして諜報活動を実施していると見られるこのグループの正体について、「推測で答えを出すことはできない」と述べている。

 このグループは、中東や欧州、アジア、アフリカの標的に対してバックドアを仕掛けてきている。また研究者らによると、米国内のマシンにバックドアが仕掛けられたこともあったものの、「誤ってバックドアを仕掛けてしまった」かのように、数時間もしないうちにアンインストーラーが起動されたという。


提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算