編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

第1回:類似点が驚くほど多い「家づくり」と「要件定義」 - (page 2)

山本英明 (IPA/SEC技術研究員)

2017-04-19 07:00

「家づくり」と「要件定義」の類似点とは

家づくり編:住宅展示場での会話から考える「理想」と「現実」の落とし所

 一戸建ての購入を漠然と考えている千石君。まずは住宅展示場で“市場調査”をすることにしました。4月某日、できたばかりの住宅展示場を訪れました。もちろん、千石夫人も一緒です。

千石夫人:今は集合住宅に暮らしているけど、やっぱり一戸建てに住みたいの。せっかくだから、間取りは自由設計にしたい。キッチンは対面型のシステムキッチンで、パントリ(収納スペース)は絶対必要よね。あと、天井は高いほうがいいわ。床暖房や浴室乾燥もほしい。あと……。

千石君:ちょっと待て。一度に言われても忘れるよ。まずはどんな家があるのか、何が必要なのか見て回ろう。

千石夫人:いろいろ見たら全部欲しくなっちゃうわ。

千石君:だったら、住宅アドバイザーに相談してみよう。第三者と話せば、装備したい内容や仕様が絞れるかもしれないよ。

 ……というわけで、二人は住宅展示場に併設されている住宅購入相談コーナー向かいました。

千石君:一戸建ての購入を考えているのですが、何を、どのような順番で、いつまでに決めなくてはいけないか分かりません。相談に乗っていただけますでしょうか?

住宅アドバイザー:もちろんです。まず一戸建てをご検討とのことですが、その理由をお聞かせいただけますか?

千石君:妻の要望です。

住宅アドバイザー:(冷笑)……失礼しました。家は大きな買い物ですので、先のことも踏まえて決める必要があります。重要なのは「家に何を希望するか」「家を購入する目的は何か」を、ご家族で明確にして、それぞれの優先順位を付けることです。一戸建てか、マンションかの形態選択は最後です。「土地や建物という物件」を選択するのではなく、「日々の幸せを実現する場所」という観点から、選び方を考えてみましょう。

千石夫人:で、お部屋は外国のリゾートホテルみたいな内装に……。

住宅アドバイザー:(無視)二人ともお若いので、将来はお子さまを持つことも考えられるでしょうし、ご両親との同居なども判断材料ですね。家族が何十年も快適に安心して日々の生活を送る場所なので、「その家でどんな生活をしたい」のか考えてみてください。ご安心ください。どんな“要件”が必要なのかを確認できるチェックリストを用意しています。それをもとにお二人でよく話し合ってくださいね。

 アドバイザーから手渡されたチェック項目に目を通した夫婦は、話し合いが不足していたことに気が付きました。

家購入のためのチェックリスト
住宅購入のためのチェックリスト

 さて、千石君の家づくりの様子はいかがだったでしょうか。第一歩は「どうして家がほしいのかを夫婦で話し合い、目的と優先順位を整理すること」からです。もちろん、夫婦の希望だけではなく、将来の家族のライフスタイルや両親との関係なども含め、内容を検討していく必要があります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]