編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ヴイエムウェア、「vSAN 6.6」発表--HCIネイティブセキュリティなど

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-12 11:14

 VMwareは米国時間4月11日、ソフトウェア定義ストレージプラットフォーム「vSAN」の最新版「vSAN 6.6」を発表した。業界初というネイティブのハイパーコンバージドインフラ(HCI)セキュリティ、総所有コスト(TCO)を下げるインテリジェントなオペレーション、最新のハードウェアとアプリケーションのサポートなどが加わった。

 VMwareはおおよそ半年に1度、vSANの最新版をリリースしている。バージョン6.6には20以上の新機能が加わっており、VMwareの製品・ストレージ・可用性担当バイスプレジデントのLee Caswell氏によると、顧客がマルチクラウド環境に移行するのに必要な柔軟性を得られる新機能もあるという。

 例えば、保存データに対するネイティブの暗号化を実現し、顧客は任意のvSAN認定ハードウェアを使うことができる。高価な自己暗号化ドライブ(SED)に依存する必要はない。

 また、HCIソフトウェアをオンプレミスまたはオフプレミスで実装するための選択肢も提供する。これには15社のサーバベンダーが含まれる。VMwareは自社のハイパーバイザ「vSphere」のみをサポートするが、ハードウェアの点では選択肢があることは顧客にとって重要だとCaswell氏は説明する。

 顧客は「承認されたサーバリスト、既存の購入意思決定、最新の技術などに基づいてサーバベンダーを選びたいと考えており、選択肢があることに期待している」とCaswell氏は述べた。

 VMwareのソフトウェアスタックはすでにIBM Cloudで利用できる。2017年中には、Amazon Web Services(AWS)で唯一HCIを提供するベンダーとなる。

 vSAN 6.6はまたストレッチクラスタを強化し、サイトとローカル環境を保護する。クラウド分析によりvSAN環境を最適化し、ハードウェアのメンテナンスを自動化できるという。これらにより、IT部門の予算を抑えることができるという。

VMware
提供:David Jensen/VMWare

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]