編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視
調査

デジタル化の推進分野はマーケティング・働き方・運用保守--富士通調べ

ZDNet Japan Staff

2017-04-18 16:23

 富士通は4月18日、世界15カ国の経営層やそれに準ずる意思決定者1614人を対象した「グローバル・デジタル革新調査」の結果を発表した。推進分野ではマーケティングやワークスタイル、運用保守での取り組みが多いことが分かった。

 それによると、回答者の89%がデジタル革新に取り組んでいるとし、挙げられたプロジェクトの総数は3408件だった。このうち34%では既に成果が生じており、成果の内容では「売り上げの増加」(46%)、「顧客との関係強化」(44%)、「商品競争力強化」(36%)が上位を占めた。


デジタル革新に向けた取り組み状況(出典:富士通)

 取り組み分野はマーケティングが38%で最も多く、ワークスタイル(35%)と運用保守(30%)が続く。業種別では金融・保険や医療・福祉がともに51%で、最も取り組みが多かった。成果のポイントには、「スキルを持った人材の確保」(19%)や「リーダーシップの発揮」(18%)、「革新に対応できる組織やプロセスの整備」(17%)などが挙げられている。

 また、回答者の77%は人工知能(AI)を大きな機会であると答え、強化すべき能力では「デジタル技術に関する専門知識」(18%)、「発想力や創造性」(17%)が挙げられた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]