編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「おとり」でマルウェアを検知、TEDが標的型対策で新製品

ZDNet Japan Staff

2017-04-19 07:00

 東京エレクトロン デバイス(TED)は4月18日、米TrapX Securityが開発する技術を活用した標的型攻撃対策製品「Deception GRID」を発売した。攻撃者に偽の情報を与えることによってマルウェアを検知する。

 新製品は、ファイアウォールやサンドボックスなどを利用してネットワーク内部への脅威の侵入を防ぐ「入口対策」とは異なり、侵入を前提に脅威の拡散を抑止する「内部・出口対策」の手法になる。

 まずネットワーク内のクライアントPCのメモリ上に偽りのネットワーク情報などを仕掛け、侵入したマルウェアを感染させる。マルウェアが侵入範囲を広げる特性を利用し、偽の情報を参照したマルウェアを「デコイ」と呼ばれる存在しない仮想のおとり端末に誘導する。これによってマルウェアの侵入を検知し、他のセキュリティ製品などと連携してネットワークから端末を隔離したり、マルウェアの不正通信を遮断したりできるという。


新製品のイメージ(出典:東京エレクトロン デバイス)

 製品は、仮想アプライアンスや管理コンソール、トークン(罠情報)、スレットインテリジェンス(脅威情報)、クラウドサンドボックスなどのコンポーネントで構成され、コンポーネント単位のサブスクリプション課金となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]