編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

「おとり」でマルウェアを検知、TEDが標的型対策で新製品

ZDNet Japan Staff

2017-04-19 07:00

 東京エレクトロン デバイス(TED)は4月18日、米TrapX Securityが開発する技術を活用した標的型攻撃対策製品「Deception GRID」を発売した。攻撃者に偽の情報を与えることによってマルウェアを検知する。

 新製品は、ファイアウォールやサンドボックスなどを利用してネットワーク内部への脅威の侵入を防ぐ「入口対策」とは異なり、侵入を前提に脅威の拡散を抑止する「内部・出口対策」の手法になる。

 まずネットワーク内のクライアントPCのメモリ上に偽りのネットワーク情報などを仕掛け、侵入したマルウェアを感染させる。マルウェアが侵入範囲を広げる特性を利用し、偽の情報を参照したマルウェアを「デコイ」と呼ばれる存在しない仮想のおとり端末に誘導する。これによってマルウェアの侵入を検知し、他のセキュリティ製品などと連携してネットワークから端末を隔離したり、マルウェアの不正通信を遮断したりできるという。


新製品のイメージ(出典:東京エレクトロン デバイス)

 製品は、仮想アプライアンスや管理コンソール、トークン(罠情報)、スレットインテリジェンス(脅威情報)、クラウドサンドボックスなどのコンポーネントで構成され、コンポーネント単位のサブスクリプション課金となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]