日本はデータ保護よりネットワークセキュリティを重視--米調査

國谷武史 (編集部) 2017年04月20日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業が講じるさまざまなセキュリティ対策の中で、日本は海外に比べてネットワークセキュリティへの支出が目立つことが分かった。一方で、保存データの防御を重視するとの考えが海外より強いという。

 タレスジャパンのe-セキュリティ事業部は4月19日、「2017 Thales Data Threat Report」の日本版レポートを発表した。同レポートは、2月にThales e-Securityが発表したグローバル調査の結果のうち、日本企業にみられた特徴を取りまとめている。

 それによると、機密データのセキュリティにとって効果的だと考える対策について、日本では63%が保存データの防御、61%がネットワークの防御、55%が伝送データの保護を挙げた。

 保存データの防御をトップに挙げた国は、調査対象7カ国のうち日本のみだったといい、メキシコや英国、米国ではネットワークの防御、ブラジルとドイツでは伝送データの保護がトップに挙げられた。しかし実際のセキュリティ投資計画について、日本はネットワークセキュリティが42%で最も高く、保存データの防御は27%にとどまる。


機密データの保護に効果的と考えるツールの回答

 調査では過去1年におけるデータ漏えいの経験も尋ね、日本は7カ国中最下位の15%が「経験した」と回答(最高はオーストラリアの44%)。このため情報漏えい対策の観点では保存データの防御に注目しつつ、実際には脅威防御などの観点からネットワークセキュリティへの投資を重視していることがうかがえるという。


Thales e-Security グローバルフィールドマーケティング担当バイスプレジデントのTina Stewart氏

 Thalesは、防衛や航空・宇宙、交通システムと並んで決済分野向けのセキュリティビジネスを長年手掛けている。2015年に暗号化ソリューションの米Vormetricを買収し、データセキュリティのビジネスも強化した。

 同日記者会見したグローバルフィールドマーケティング担当バイスプレジデントのTina Stewart氏は、「企業では今後クラウドやIoTなどの新しいテクノロジの活用がさらに進み、データの保護がますます重要になる」とコメント。その上で、「データ資産の棚卸しを通じて保護する優先順位を付け、暗号化とアクセスの制御、特権アカウントの管理を適切に実施していくべき」とアドバイスした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算