編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトのタスク管理ツール「To-Do」がプレビュー公開--Outlookとも連携へ

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)

2017-04-20 10:29

 Microsoftが、「Wunderlist」の後継として計画中だったアプリをようやく公開した。

 この後継アプリは、正式には「Microsoft To-Do」(コードネームは「Project Cheshire」)という名称であり、ほぼ1年にわたり非公開でテストされてきた。そして米国時間4月19日、MicrosoftはこのMicrosoft To-Doをプレビュー公開した。

「Microsoft To-Do」アプリ
「Microsoft To-Do」アプリ
提供:Microsoft

 忘れている読者もいるかもしれないので改めて説明すると、Wunderlistは2015年6月、Microsoftが開発元の6Wunderkinderを買収して手に入れたToDoアプリだ。

 新アプリMicrosoft To-Doのプレビュー版は、19日から提供されており、「iOS」搭載スマートフォン向け「Android」搭載スマートフォン向け「Windows 10」「Windows 10 Mobile」向けウェブ版が用意されている(「Mac」や「iPad」、さらにはAndroidタブレット向けのバージョンは「今後数カ月のうちに提供予定」だという)。また、関心がある方のために付け加えると、このアプリのWindows版は、「Universal Windows Platform」アプリとなっている。

 Microsoftでは、To-Doを「Outlook」をはじめとする他の「Office 365」サービスと連携して使えるようにする計画だ。Outlookのタスクとの連携により、To-Doでは複数のデバイスでタスクへのアクセスと管理ができるようになると、同社の担当者は説明している。

 ただし、WunderlistのToDoリストとTo-DoのToDoリストは、自動的には同期しない。Microsoftでは、ユーザーがToDoリストをWunderlistからTo-Doへ移行できるインポート用ツールを作成済みで、こちらも19日から提供されている。

 Wunderlistが今後どうなるかについて、Microsoftの19日付けのブログ記事には次のように記されている。

「当社ではTo-Doによる新たなタスク管理の開発を続けており、その中でWunderlistはいずれその役割を終えることになる。それまでの間、Wunderlistに何らかの機能が追加されることはないが、Wunderlist使用時のセキュリティを確保するための取り組みは続けていく」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]