編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトのログインでパスワード不要になる新版「Authenticator」アプリ

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-04-21 10:51

 Microsoftは、「iOS」版と「Android」版の「Microsoft Authenticator」アプリのアップデートを公開した。このアプリを利用すれば、パスワードを使わずにMicrosoftアカウントにサインインできる。

 Authenticatorのアップデートにより、「Outlook」などのMicrosoftアカウントへのサインインにかかる時間が数秒短縮される。パスワード管理者が作成するような、長くて覚えにくいパスワードを使用している場合は、今までよりも楽になる。

 Microsoft Authenticatorはこれまで、2段階認証によるサインイン用のワンタイムコード生成に利用されてきた。

 今後はMicrosoftアカウントでセットアップできるので、ウェブからサインインする際は、スマートフォンに表示される「承認」ボタンをタップすれば、サインインできる。なお、サインインを承認するには、スマートフォンのロックを解除しなければならない。

Microsoft Authenticator
Microsoft Authenticator
提供:Microsoft

 スマートフォンのブラウザからサインインする場合は、ログインページに2桁の数字が表示される。続いて、2桁の数字が3つ表れ、正しい数字をタップするよう求められる。

 今後は、サインインページに「代わりにMicrosoft Authenticatorアプリを使用する」という新しい選択肢が表示される。

 MicrosoftのID部門は、2段階認証と同様に、攻撃者がスマートフォンを所有している必要があるので、この新しいサインイン方式は、パスワードだけを利用するよりも簡単で安全だとしている。

 パスワードを利用し続けたい場合は元の使い方に戻すことも可能で、次回のサインイン時にはその選択が記憶されている。

 この機能は、iOS版とAndroid版のMicrosoft Authenticatorで利用でき、「Windows 10 Mobile」版には対応していない。これは、Windows 10 Mobileを利用しているMicrosoft Authenticatorのアクティブユーザーが、5%未満だからだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]