編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

大手企業のBI導入率は8割、利用者は2割未満--ガートナー調査

NO BUDGET

2017-04-29 07:00

 ガートナー ジャパンは、国内企業のBIとデータ活用に関する調査結果を発表した。

 これによると、従業員数規模2000人以上の大企業では、BIツールの導入率が80%に達していることが分かった。


BIソリューション/ツールの利用状況に関する経年変化 (従業員数2,000人以上)

 この調査は、IT部門のマネージャー向けのアンケートを通して、日本企業のさまざまなITのニーズや課題を定点観測によって分析したもの。最新の調査は、2016年11月に実施した。アンケートは、日本全国の従業員数20人以上のITユーザー企業約2,800社へ送付し、回答を得ている。

 回答者全体のBIツール導入率は37%。どの程度の従業員がBIツールを使っているのかについては、全従業員の2割未満という企業が過半数だった。また、1割未満という企業も全体のおよそ3分の1に達した。


BIソリューション/ツールの利用状況に関する経年変化

BIソリューション/ツールを利用中または導入中の企業でBIツールを利用している従業員の割合

 最新の調査では、3年前の計画を上回るペースでBIツールの導入が進んでいる結果となった。3年後の導入状況が計画を上回る傾向は、2010年の調査以来続いている。

 これについてガートナーでは、ビッグデータに関するブームなどの影響や、データ活用に対する関心が高い水準で推移していることに加え、セルフサービスBIやクラウドBIなど、従来よりも導入へのハードルが低い製品やサービスが登場していることも影響しているとしている。

 一方、利用している従業員が限定的であることについてガートナーでは、現時点ではBIツールの浸透がまだ十分でない結果だとし、導入したものの、なかなか利用が広まらないという企業では、継続的かつ組織的にBIを推進する必要があるとした。

 さらに、単一のBIツールでユーザー部門からの幅広いニーズに対応することは難しいため、新たなツールの追加導入も検討すべきだとした。また、その際には、セルフサービスBIについての理解を深め、データ活用のメリットを改めて吟味することも必要だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]