実は世界5位--KDDIのデータセンター事業はマルチクラウドにらむ

末岡洋子 2017年04月27日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは、TELEHOUSEブランドで展開するデータセンター事業で、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドと専用線で直接接続できる「TELEHOUSE Cloud Link」の提供を日本で開始すると4月21日に発表した。「顧客のマルチクラウドの要望に応える」と説明する。

 「データセンター」ーーITに関わる人が日常のように耳にする言葉だが、専用の建物を建てて通信キャリア中立のデータセンターを世界で最初に始めたのは、日本のKDDIだという。一般にはあまり知られていないが、データセンターを含む「ICT」は同社のグローバル事業において堅実な成長基盤という位置付けで事業を成長させてきた(このほかには、「コンシューマー」「キャリアビジネス」がある)。KDDIのグローバルICT事業について4月21日、執行役員グローバル事業本部長の曽雌博之氏が説明した。

 データの増加に伴い、データセンター市場も成長が見込まれている。データについては、データセンターのIPトラフィックは2015年から2020年まで年平均成長率約27%で成長し、2015年の4.7ゼタバイトから2020年には15.3ゼタバイトと3倍以上に拡大することが見込まれている(Cisco Systemsの「Cisco Global Cloud Index」より)。データセンター市場そのものも、同期年平均成長率10%で成長、2020年に457億5500万ドル市場になることが451 Researchにより予想されている。

 “TELEHOUSE”ブランドで進めるKDDIのデータセンター事業の歴史は古く、1989年にさかのぼる。同年、KDDIは米ニューヨークに最初のデータセンターを立ち上げ、翌年には英ロンドンに2号となるデータセンターを設置した。

 当時、通信キャリアが自社向け設備を置くサイトの一部を外部に貸すという形態はあったようだが、曽雌氏によると、顧客にサーバなどの設備を貸すことを専用とした建物を建て、さらには自社のネットワークではなくてもいいという”キャリア中立型”を持ち込んだのも、KDDIが初だったとする。

 この“キャリア中立性”は、その後のインターネット普及時に、ISP、コンテンツプロバイダーらがTELEHOUSEを選ぶ理由となった。

KDDI 執行役員グローバル事業本部長の曽雌博之氏。2017年3月までTELEHOUSEヨーロッパ社長を務めた。
KDDI 執行役員グローバル事業本部長の曽雌博之氏。2017年3月までTELEHOUSEヨーロッパ社長を務めた。

 現在、KDDIのデータセンターは世界13地域、24都市、48拠点に成長しており、総床面積は東京ドーム10個に相当する448000平方メートル。設備を利用する顧客数は世界で3000社を数える。現在、売上高ベースでは世界第5位、サイト単位の事業者接続数では英ロンドン・ドックランドのTELEHOUSEが世界第1位、フランスのボルテアに構えるTELEHOUSEは第8位だ。

 規模だけではなく、サービスや機能も曽雌氏が胸を張るところだ。例えば信頼性。TELEHOUSEでは300以上の厳しい独自共通基準を設けているが、その信頼性を実証するのが、2012年にニューヨークを襲ったハリケーンサンディだ。この時、KDDIのTELEHOUSEは唯一稼働を続けたデータセンターだったという。

 曽雌氏はダウンを免れた理由として、1)水没しない設計、2)自家発電に必要な燃料の供給体制、運用スタッフの確保の2つを挙げる。日本でも2011年の東日本大震災時、すべてのデータセンター(全国9都市、21拠点)が継続安定稼働を実現したという。

 接続性では、現時点で合計750キャリアと直接接続が可能であり、3000社のISP、キャリア・モバイル事業者、コンテンツプロバイダといった”コネクティビティパートナー”を有する。つまり、これらの企業とTELEHOUSE内で接続可能であることを意味する。これらと構内接続、あるいは上位でつながることができれば遅延を抑えることができる。これは今後ビックデータ、IoTなどでデータの収集、解析、配信が重要になる中で、大きな強みになるとみる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]