編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、シェアオフィスのWeWorkと提携

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-27 10:28

 Salesforceがワークスペースシェアリングを手がけるWeWorkと新たに提携を結んだ。より多くのスモールビジネスにSalesforceのCRMソフトウェアポートフォリオを提供することが狙いだ。

 今回の提携は、WeWorkが米国で開設したばかりの 「Services Store」から生まれたものだ。Services Storeの狙いは、SMB向けの販売ルートのような役割を果たすことだ。SMBはServices Storeで自らのビジネスの構築と管理、発展に必要なソフトウェアを調達することができる。

 通常のアプリストアとの差別化を図るため、WeWorkはServices Storeのソフトウェアの多くを大幅な値引き価格で提供している。

 今回の提携により、SalesforceもWeWorkの値引きの対象になる。SalesforceはWeWorkのメンバーに対して、Services Storeで自社のソフトウェアを30%オフで提供する予定だ。Salesforceと同様、SlackやAmazon Web Services(AWS)、GoDaddy、Xeroなどの企業も、WeWorkを通して製品を値引き価格で販売している。

 WeWorkのデジタルプロダクト担当シニアバイスプレジデントを務めるRon Gura氏は、「われわれがServices Storeを開設したのは、メンバーが新しいワンストップショップを通して自分に必要なサービスを簡単に閲覧および購入できるよう支援するためだ。誰でも自分が本当に大好きなことをやるためには、適切なサポートが必要だ。われわれがここWeWorkで自分たちのビジネスを発展させ続ける中で、ソフトウェアを通して新たなソリューションを提供することの重要性はますます高まっている」と述べた。

 WeWorkは米国で最も評価額の高い新興企業の1社で、報道によると、現在その額は約170億ドルだという。同社は最近になって、法人顧客をターゲットにするようになっている。先週にはIBMとメンバーシップ契約を締結しており、IBMは最大600人の従業員をニューヨークにあるWeWorkのオフィススペースに移す予定であるという。この契約によって、88 University PlaceにあるWeWorkのビルは事実上、IBMのオフィスとなる。

Salesforce WeWork

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]