オラクルの「Adaptive Intelligent Applications」--第一弾はCX製品

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年04月27日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間4月26日、かねてより構想を明らかにしていた「Adaptive Intelligent Applications」(適応型インテリジェントアプリケーション)の第一弾は、顧客エクスペリエンスに主眼を置いた「Adaptive Intelligent Apps for CX」になると発表した。


提供:James Martin/CNET

 同社のAdaptive Intelligenceプログラムの製品およびデータ科学担当バイスプレジデントであるJack Berkowitz氏は米ZDNetに対して、Adaptive Intelligent Apps for CXは、ファーストパーティーとサードパーティーのデータを融合し、リアルタイムのアナリティクスを提供することで、「さまざまなデータを密接に連携させたかたちで人々が仕事をできるように支援する」と述べている。言い換えれば、このアプリケーションを使用する企業は、Eコマースサイト上でのターゲット広告やカスタマイズしたソリューションの提供によって、調和した顧客エクスペリエンスをもたらせるということだ。

 この新アプリケーションは、「Oracle Marketing Cloud」や「Oracle Sales Cloud」「Oracle CPQ Cloud」「Oracle Commerce Cloud」「Oracle Service Cloud」「Oracle Social Cloud」を含む「Oracle CX Cloud Suite」におけるすべての側面とやり取りできる。

 Adaptive Intelligent Applicationsは、膨大なデータが集積されている「Oracle Data Cloud」上に構築される。Oracle Data Cloudは50億を超える顧客および企業のIDを有しており、毎月7兆5000億以上のデータポイントからデータを収集している。Oracleは最終的に、顧客エクスペリエンス(CX)や人的資本管理(HCM)、エンタープライズリソース計画(ERP)、サプライチェーンを含む既存製品のすべての面を強化するAIアプリケーションを構築する予定だ。

 Oracleはネバダ州ラスベガスで開催中の「Modern Customer Experience」において、Adaptive Intelligent Applicationsの第一弾がAdaptive Intelligent Apps for CXになると発表した。Berkowitz氏によると、顧客エクスペリエンスを最初に選んだ理由は「極めて正確なサービスエンゲージメントを実現するにせよ、疑問に対して正しい答えを返すチャットボットを実現するにせよ」直接的な価値がもたらされるためだという。

 また同氏は「データこそが、能力を発揮するうえでの本当の力の源だ」と述べるとともに、「われわれはこのデータにアクセスできるという点、そしてこのデータの多くはコンシューマー指向のものだという点で、手始めとしてはもってこいだと考えた」と述べている。

 さらに、実装は単刀直入なものとなる。アプリケーションは数時間で準備、稼働できるようになる。

 Berkowitz氏は「最初に手がけるユースケースとして、破壊的ではないものを探し求めていた(中略)われわれはAI技術が人を置き換えるためではなく、人の能力を強化するために存在していると考えている」と述べている。

 またOracleは同日、コンテンツの管理と調達のための新たなプラットフォーム「Oracle Content and Experience Cloud」を発表した。同プラットフォームにより、顧客やパートナー、従業員を対象にした任意のデジタルチャネルにコンテンツをもたらせるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算