編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
ドローンビジネスの夜明け

ドローン運行管理システムの現在--目視外飛行の実現に各国がテクノロジを競う - (page 2)

神原奨太(テラドローン)

2017-05-15 07:00

UTM

 以上のように、安全性の課題を検証しながら、一歩一歩進みつつあるドローンの目視外飛行であるが、次にそれを支えるUTMの機能をみてみよう。UTMはその主たる機能によって2種類に分けられと考えている。1つがミッションプランナー、フライトオペレーションとしての機能、もう1つが管制局的機能である。


(GUTMA、NASA資料などを参考に、筆者作成)

 1つ目に挙げられるのが、ミッションプランナー的な機能である。これは企業や個人が所有するドローンの運行を管理することを主眼としており、各産業の用途に合わせてカスタマイズされた業務ソフトウェアとも密接に関係する。

 機能は例えば、ドローンの飛行前・中・後に大別され、飛行前には運行プラン(ルートや日時など)の作成や飛行申請、飛行中には飛行位置のトラッキングやリアルタイム操作、飛行後にはフライトログの管理や撮影した写真の保管などの機能を具備していく。

 特に複数のオペレーターやドローン機体を所有する企業にとって、飛行ログの管理は今後重要になる可能性が高く、「いつ」「どこで」「誰が」「何の用途で」「どの機体を」「どう飛ばしたか(フライトの軌跡・結果)」などの情報を一元的に管理することは大きな価値だろう。

 これらの機能を持つ代表的なサービスは、Precision Hawk(アメリカ)のInflight、UgCS(ラトビア)のUgCS、テラドローン(日本)のTerra UTMなどが存在する。DJI、3DR、ParrotなどUAVハードウェア各社が提供するタブレットのアプリケーションだけでは対応できないユーザーのニーズに対応して提供している。

 先に挙げた飛行前・中・後のどの機能をカバー・注力しているかは、企業ごとにさまざまである。中でも、飛行前の当局へのフライトプランの申請や、飛行後のログの解析やリプレイに関しては、企業ごとの特色が大きく出る部分だ。


テラドローン:Terra UTM

Precisionhawk:PrecisionFlight

UgCS

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]