編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ツイートのAI分析でドレスが光る--IBMの試み

國谷武史 (編集部)

2017-04-28 12:51

「コグニティブドレス」はファッションディレクターの三浦大地氏がデザインした''
「コグニティブドレス」はファッションディレクターの三浦大地氏がデザインした

 日本IBMが4月27~28日に開催した「IBM Watson Summit」では、同イベントに対するツイート投稿者の気持ちをWatsonが分析し、ドレスを光らせる「コグニティブドレス」というユニークな試みが披露された。

 この試みは、会場などからハッシュタグ「#IBMWSJP」でツイートされた内容を「Watson Tone Analyzer」に取り込み、複数の投稿者の気持ちを分析。感情を5つに色分けし、その中で最も強いを感情の色を「コグニティブドレス」に装着したLEDライトで表示した。

 5つに分類した感情と色分けは、「喜び」(ピンク)、「おだやか」(薄い緑)、「人間性」(黄緑)、「外向性」(青)、「開放感」(黄色)。投稿はリアルタイム分析され、数秒間隔でドレスのLEDライトが次々に色が変わる様子に、多くの来場者らが関心を寄せていた。

ツイート内容から「Watson
ツイート内容から「Watson Tone Analyzer」で感情を分析

 同社によると、コグニティブドレスはファッションディレクターの三浦大地氏がデザインしたもので、同イベントに合わせて特別に2着が作られたという。

Watson
Watson Summit展示会場の「コグニティブドレス」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]