編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Ghostscriptに緊急レベルの脆弱性、悪用攻撃も発生

ZDNet Japan Staff

2017-04-28 16:37

 ページ記述言語向けのインタープリタのGhostscriptで、任意のコードを実行されてしまう恐れのある脆弱性が報告された。Linuxディストリビューションの各ベンダーなどから緊急情報が発信されている。

 脆弱性情報データベースのJVNによると、Ghostscriptに含まれる.rsdparamsには、type confusionの脆弱性が存在する。細工された.epsファイルを処理する際に-dSAFERのオプションが回避されてしまい、結果的に任意のコードを実行される恐れがある。Ghostscript 9.21までの全バージョンに影響し、既にこれを悪用する攻撃活動が確認されているという。

 JPCERT コーディネーションセンターによる共通脆弱性評価システム バージョン3での脆弱性の深刻度評価は7.8(最大値は10.0)で、緊急レベルに指定された。


CVSS v3による深刻度評価の結果

 4月28日時点で下記の製品への影響が判明している。

  • Debian 9.05~dfsg-6.3+deb7u2
  • Debian 9.05~dfsg-6.3+deb7u5
  • Debian 9.06~dfsg-2+deb8u4
  • Debian 9.20~dfsg-3
  • Ubuntu 12.04 LTS
  • Ubuntu 14.04 LTS
  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Ubuntu 16.10
  • Ubuntu 17.04
  • Ubuntu 17.10

 また同日時点で下記の製品が「調査中」とされている。

  • Red Hat OpenShift Enterprise 2
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Novell Products

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]