海外コメンタリー

「Windows 10」の企業導入進む--主な理由はセキュリティ、クラウド - (page 2)

Alison DeNisco (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2017-05-01 06:30

 「Windows 10向けに最適化され、強化されたバッテリ持続時間やタッチスクリーン、そのほかのWindows 10機能を備える第3、第4世代の製品に組織が関心を持つようになり、回答者の端末購入意欲が大きく高まっている。組織がテストとパイロットの段階から購入とデプロイの段階に移行しており、コンバーチブルノートPCの購入意欲が増した」(Escherich氏)

 Windows 10は、プライバシー面の懸念に加えて、多くのユーザーがバグなどの問題に直面し、ロールアウトに関しても話題にされた。Softchoiceが2016年8月に公開した調査結果によると、Windows 10にアップグレード済みのビジネスマシンはわずか1%だった。ビジネスマシンの91%はWindows 7を搭載していたという(前年同期比で18%増)。

 しかし2017年4月、Windows 10の最新メジャーアップデート「Creators Update」が提供開始された。このアップデートには、ネットワーク攻撃を検知して対応する「Windows Defender Advanced Threat Protection」の機能強化など、ビジネスユーザー向けのさまざまな新機能が搭載されており、サイバーセキュリティ強化に対する企業のニーズを満たしているようだ。

3つの要点

  1. Gartnerの最新の調査結果によると、約85%の企業が2017年中にWindows 10の導入を開始する見通しだという。
  2. Gartnerの調査で、半分近くの企業は新OSに移行する最大の理由として、セキュリティの改善を挙げた。その次に多かったのは、クラウド統合機能だ。
  3. Windows 10は最初のロールアウトで課題もあったが、企業はWindows 10を導入しようと進めているようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]