編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

HadoopディストリビューターのCloudera上場--初日終値は公募価格20%上回る

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-01 10:23

 HadoopディストリビューターのClouderaは米国時間4月28日、CLDRという銘柄コードでニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。取引初日の終値は公募価格を20%上回る18.10ドルとなった。初値は17.80ドルだった。


 同社は27日夕刻、公募価格を15ドル、調達額を約2億2500万ドルとした。価値算定額は19億ドルで、Intelから巨額の投資を受けた3年前の41億ドルを大きく下回っている。

 Intelは2014年、同社独自のHadoopディストリビューションの提供を終了し、その資金をClouderaへの投資に振り向けた。推定7億4000万ドルを投じたIntelは当時、Clouderaの株式取得は同社にとって、データセンターテクノロジに対する過去最大の投資だと述べていた。

 IntelはClouderaのIPOに際して投資を拡大し、持ち株比率19.4%を維持するためにさらに株式を購入した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]