インテルの「AMT」や「ISM」に脆弱性--緩和策など公開

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年05月02日 19時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、同社の製品「アクティブ・マネジメント・テクノロジー」(AMT)、「Standard Manageability」(ISM)、「Small Business Technology」(SBT)に、リモートからマシンの乗っ取りが可能な特権昇格の脆弱性が存在していたことを明らかにした

 脆弱性が利用される可能性のある手段は2通りある。まずAMTおよびISMをサポートしているユニットに存在し、特権を持たないリモートの攻撃者が、「プロビジョニングされたチップに対するシステム特権を獲得する」ことを可能にするもの。2つ目は、AMT、ISM、およびSBTを利用するチップで、ローカルの攻撃者が「特権を持たないネットワークまたはローカルシステムの特権」を獲得できるというものだ。

 影響を受けるのは、2008年に発売された「Nehalem」アーキテクチャ以降の、バージョン6~11.6までの管理ファームウェアを使用しているIntel製プロセッサだ。

 同社の緩和策ガイドには、「Intelは、ネットワークの特権昇格の脆弱性を修正するために、すべての緩和手段の最初の手順として、Intelの管理用SKUのプロビジョニング解除を行うことを強く推奨する」と書かれている。

 元CoreOSのセキュリティエンジニアMatthew Garrett氏によれば、ユーザーは必ずAMTを無効化すべきだという。

 「この問題を修正するには、システムファームウェアをアップデートして(新しいAMTのコードのコピーを含む)新しいME(マネジメントエンジン)のファームウェアを導入する必要がある。影響を受けるマシンの多くは、もはやメーカーからファームウェアのアップデートを受け取っていないため、おそらく今後パッチを入手することはないだろう」と同氏は述べている。

 Intelによれば、一般消費者向けPCはこの脆弱性の影響を受けない。

 同社はEmbediのMaksim Malyutin氏に対して、問題を報告してくれたことに謝意を示しているが、SemiAccurateの研究チームも、5年以上前からこの問題を発見していたと主張している

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算