編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

業績相場入り--上値トライの期待高まる日本株

ZDNet Japan Staff

2017-05-08 10:17

今日のポイント

  1. 仏大統領選は親EU派マクロン氏が勝利、朝鮮半島有事のリスクもやや低下。企業業績の改善と政治不安の緩和で日経平均上値トライの環境が整いつつある
  2. 4月の米雇用統計が強く、1~3月の米景気減速は一時的との見方が広がる。米FRBは6月利上げを目指すが、トランプ政権がそれを許容するか不明

 これら2点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

ボックス圏に戻った日経平均、次は上値トライか

 5月5日の米国市場で、CME日経平均先物(6月限)は1万9705円まで上昇した。5月2日の日経平均終値1万9445円を、260円上回る水準である。GW明けの日経平均は、上昇して始まると予想される。


日経平均週足:2016年1月4日~2017年5月2日 注:楽天証券マーケットスピードより作成

 現在発表中の3月決算は好調で、日本企業の業績回復色が鮮明になりつつある。そろそろ、日経平均は業績相場入りし、上値トライをしていいタイミングと考えている。

 東京市場がゴールデンウイーク(GW)休みで閉まっている間、海外株式市場は上昇、為替はやや円安に動いた。世界の政治不安がやや緩和したこともあり、日経平均が上値トライする条件が整いつつあると考えられる。日経平均の2万円乗せが視野に入ってきたと考えている。

GW中の海外市場のニュース

 以下の通り、日本株にとって好材料が多かったと言える。

(1)仏大統領選は、事前予想通り、親EU派のマクロン氏が勝利

 5月7日に行われた仏大統領選、決戦投票の結果が、日本時間の5月8日朝に判明した。決戦投票は、親EU派のマクロン氏と、反EU派のルペン氏の対決となったが、事前予想通り、マクロン氏が勝利した。

(2)朝鮮半島有事のリスクはやや低下

 米国・中国・ロシアが連携して北朝鮮に圧力をかけ始めたこと、米国が北朝鮮との対話路線に含みを持たせたことから、朝鮮半島有事のリスクはやや低下したと考えられている。

(3)「米景気の減速は一時的」との見方が広がる

 4月28日に発表された米1~3月GDP(季調済、速報値)が前期比年率0.7%増と、きわめて低い伸びに留まったことから、米景気失速の懸念が一時広がった。消費の伸びが減速した。ただし、1~3月に設備投資の伸びが加速していることは前向きにとらえられた。

 日本のGW連休中の5月3日、FOMC(米金融政策決定会合)の結果が発表された。事前予想通り、政策変更はなかった。ただし、注目を浴びたのは、FOMC声明文の中の「1~3月の成長鈍化は一時的と見なす」という表現だ。米景気は好調で、6月利上げを示唆した内容と、受け止められた。

 さらに、GW中の5月5日に発表された、4月の米雇用統計が強かったことも後押しし、米景気に強気の見方が広がった。

(4)ドル高、米国株高進む

 5月3日に発表された米FOMC議事録に「景気減速は一時的」の文言があり、それが6月利上げを示唆するものととらえられたことから、一時、1ドル113円台まで円安が進んだ。米景気好調との見方が広がったことから、米国株(NYダウ・ナスダック)ともに、上昇した。

 ただし、為替については、4日に不安材料も出た。米商務省が4日発表した3月の米貿易収支では、対日貿易赤字が前月比で33%増えた。これを受けて、ロス商務長官が、「米国は膨張した赤字にもはや耐えられない」とコメントを発表し、日本を批判した。

 トランプ大統領は、低金利・ドル安を望んでいることは明らかで、いつ、トランプ大統領の円安批判が復活するか、予断を許さない状況だ。トランプ政権からの政治圧力によって、6月の米利上げができず、また、円安進行が問題視されるようになると、円高・株安が復活するリスクには注意が必要である。

景気敏感株に注目

 3月決算の発表がピークを迎えつつある。半導体関連株・設備投資関連株などの景気敏感株に、決算発表直後に、好決算を好感して上昇する銘柄が増えていることに注目している。

 世界の政治不安のネタは尽きないが、当面、好業績を発表する景気敏感株に注目できる局面が続くと考えている。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]