Gartner Summit

AI活用に向けてやるべきは、「得意なものと不得意なものを押さえること」

日川佳三 2017年05月09日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「これまでは時間帯や場所などの軸で仕事を分類してきた。これからは新たな分類の軸として、『人工知能(AI)にやらせることができるのか、AIにはできないことなのか』という着眼点が加わる。だから、AIが得意なことと不得意なことを理解しておくことが大切だ」。

人工知能学会の会長を務める山田誠二氏''
人工知能学会の会長を務める山田誠二氏(国立情報学研究所や総合研究大学院大学の教授および東京工業大学の特定教授も務めている)

 ガートナー ジャパンが開催した「ITインフラストラクチャ&データセンターサミット2017」では4月26日のゲスト基調講演に、人工知能学会会長の山田誠二氏が登壇。「人工知能の現状認識と未来への提言」と題して講演した。

 山田氏はまず、ガートナーが2016年9月に作成した「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2016年」を提示し、AIが過度な期待のピーク期にあることを紹介。いま、まさにAIがブームとなっていることを裏付けた。

 講演の前半では、AIの目標を「人間並みの知的な処理をコンピュータ上で実現すること」と説明し、AIの歴史をひもといた。AIのアプローチには、「強いAI」(単独で人間と同等のAIを目指す)と「弱いAI」(あくまでも人間をサポートする知的システム)の2種類があり、歴史的には強いAIを目指したものの、難しいことから弱いAIへ移行している。

 「『AIが人間を代替する』というように対立を煽るのはよくない」と山田氏は指摘する。「どう考えても、生物である人間を超えることはまだない。『AIは単なるプログラムである』という基本的な理解が必要だ」(山田氏)

 AIの歴史は大きく、第1次ブーム(1950~1960年、黎明期)、第2次ブーム(1970~1980年、記号・論理全盛、エキスパートシステムなど)、冬の時代(1990~2005年)、第3次ブーム(2005年~現在、統計的機械学習が牽引、データマイニングやディープラーニングなど)に分かれる。

ディープラーニングが現在の第3次ブームを牽引

 現在の第3次ブームは、ニューラルネットワーク、特にディープラーニングが牽引している。人間の脳をモデル化するというアプローチだ。計算資源と大量データがなけば、成果を出せないが、近年になって計算資源とデータが急拡大してきたために実用化されてきている。

 1980年代のAIは、記号・論理がベースで、人間が読める知識を扱うという可読化が重視されていたという。この一方で、ニューラルネットワークはニューロン間の情報伝達に使うシナプス結合の重みに対応する数値を扱う。数値が高くなると結合が強くなり、学習によって数値を更新していく。学習結果は高次元の配列なので、人間が見ても理解できず、可読性は低いという特徴がある。

 ディープラーニングの少し前には、データマイニングと呼ぶ、機械学習をビッグデータに適用する方法が流行った。POS(販売時点情報管理)データを分析して「おにぎりを買った人はお茶も買う」といった関係を見出して販売につなげる、といった使い方だ。

 機械学習はAIの全てではないが、AIを理解するための枠組みの1つとなっていると、山田氏は指摘する。

 機械学習で一番に応用が進んでいるのが、教師ありの分類学習だ。犬の画像と猫の画像を、犬や猫のラベルと一緒に与え、犬と猫の画像はどこが違うのかをコンピュータが見つけて判別関数を生成するといったものだ。機械学習ではこの他に、ロボットがどういう状況でどういう行動を取ればいいかを学習する行動学習や、似てるもの同士を教師なしで勝手に分類してクラスタ化するものなどがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]