編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

富士通、920MHz帯を使うBLEセンサ対応の無線通信装置を発売

ZDNet Japan Staff

2017-05-08 18:20

 富士通は5月8日、IoT向けのアドホック無線通信装置「FUJITSU Network Edgiot AHシリーズ」と、AHシリーズで収集したデータをクラウド環境へ中継するゲートウェイ装置「FUJITSU Network Edgiot GW1100」を発売した。同社のクラウド型IoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」と組み合わせたシステムとして提供する。

 AHシリーズは、スマートフォンほどの大きさで、920MHz帯の電波を使ったBluetooth Low Energy(BLE)センサに対応する。国内では初めて、歩行移動しながら自律的にメッシュ型のネットワークを構築できるのが特徴といい、トンネルや地下などの電波環境が不安定な現場で、従来のようなLTEや3Gなどのモバイル通信を用いることなく、安定したデータ収集ができるようになる。

 同装置が使う920MHz帯は、2.4GHz帯などの無線免許が不要な他の周波数帯に比べて遮へい物を回り込む電波特性に優れ、電波干渉を起こしにくい。装置同士が動作状態を常に監視して、故障などからネットワークの一部に障害が起きても、自動的に迂回経路を見つけて通信を継続できる。これにより、システム導入と通信にかかるコストを約35%削減可能だとしている。


無線システムのイメージ

 富士通は鴻池組と共同で実証実験を行い、有効性を確認済み。製品価格はAHシリーズの親機(AH1100)が3万5000円、子機(AH1200)が2万9000円、GW1100が3万8000円。3製品合計で今後3年間に10万台の販売を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]