編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

RackspaceのロードCEOが退社へ

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-05-09 16:12

 クラウドサービス企業Rackspaceの最高経営責任者(CEO)Taylor Rhodes氏が、同社を離れる意向を明らかにした

 退任後について同氏は、Rackspaceとは競合しないが、クラウド技術を用いて、これまで極めてローテクだった産業を破壊的に変化させる小規模な企業に参加すると述べている。「このチャンスは私の持つ強みとスキルに合っており、再活性化させるような変化をもたらすだろうと考えている」とRhodes氏は説明している。

 Rackspaceによれば、現在同社のプレジデントを務めるJeff Cotten氏が暫定CEOに就任するという。Rhodes氏は「取締役会は長期的なCEO探し始めており、Jeff CottenはCEOの有力な候補の1人だと見なされている」と述べている。

 Rackspaceは非公開企業であり、財務指標の多くを公開していないが、Cotten氏は、2016年中に同社のすべての製品ラインで売上が増加し、EBITDAおよびEBITDAマージンが増えていると述べ、「キャッシュフローとキャッシュフローマージンは2倍以上になった」と付け加えている。Rhodes氏はまた、Rackspaceは2016年に同社を買収したApollo Global Managementと取締役会とともに設定した「ほぼすべての財務目標」を達成したとも述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]