編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立、ブロックチェーンの利用環境をクラウドで提供

ZDNet Japan Staff

2017-05-09 14:53

 日立製作所は5月9日、ブロックチェーン技術の利用環境を提供するクラウドサービス「Blockchain PoC環境提供サービス」を発売した。ブロックチェーンを活用したソフトウェア開発やブロックチェーン適用の可能性の検証などに適しているという。

 同サービスは、「Hyperledger Fabric」の利用環境を提供するもの。同社は併せてブロックチェーン技術を活用したトレーサビリティ管理システムのデモアプリも開発。製造業のサプライチェーン全体における製品販売や部品・材料調達などの情報を記録し、トレーサビリティ管理を可能とするといい、透明性や信頼性の高いトレーサビリティ管理の実現を目指すとしている。

 サービス提供の開始時期は、Hyperledger Fabric v1.0正式版のリリースから1カ月後を予定。利用料は初期費が20万円から、月額費が30万円からで、別途ヘルプデスクやセキュリティ監視などの基本サービス(月額12万円)とSSL VPN接続の契約が必要になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]