編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

IBMの「PowerAI」に新ツール--深層学習のデータ準備やトレーニングを効率化

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-11 11:13

 IBMは米国時間5月10日、深層学習ソフトウェアツールキット「PowerAI」に対するアップデートを発表した。データサイエンティストが深層学習モデルをデプロイしたり、開発者がコンピュータビジョンをアプリケーションに統合したりするのが容易になるという。


 深層学習フレームワークのデプロイを簡素化するため、今回のPowerAIのアップデートには、データ準備用の新ツールなどが含まれている。「Apache Spark」を統合する「IBM Spectrum Conductor」と連携し、データセット変換の処理を簡素化する。

 Gupta氏はデータの準備について、「些細な手順に聞こえるかもしれないが、実はこのコミュニティーでは、非常に大きな悩みの種である」と述べた。

 また新しいPowerAIは、分散コンピューティングをサポートするTensorFlowによって、訓練に必要な時間も短縮する。GPUで高速化されたサーバの仮想化クラスタを利用することで、このバージョンのTensorFlowは深層学習の訓練時間を数週間から数時間に短縮できる。

 さらに、「DL Insight」と呼ばれる新ソフトウェアツールは、深層学習のパラメータを調整するプロセスを自動化する。データサイエンティストが調整できるパラメータは何千個もあり、「どのノブを回せばいいのかを理解するためには、豊富な経験が必要だ」とGupta氏は述べた。DL Insightを利用すれば、手作業でチューニングを行わなくても、深層学習モデルはより精度の高い結果を迅速に提供するようになる。

 アップデートされたPowerAIには、「AI Vision」と呼ばれる新ソフトウェアツールも含まれる。このツールを利用すれば、深層学習にあまり詳しくない開発者でも、コンピュータビジョン用の深層学習モデルを訓練およびデプロイすることが可能になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]