シスコ、対話型AIプラットフォームの新興企業MindMeldを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年05月12日 15時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systemsは米国時間5月11日、MindMeldを約1億2500万ドルで買収する意向を明らかにした。MindMeldはサンフランシスコを拠点とするスタートアップで、企業向けの対話型AIプラットフォームを構築している。

 MindMeldは、マサチューセッツ工科大学(MIT)やBell LabsでAIを研究してきたTim Tuttle氏が2011年に創業した。「Deep-Domain Conversational AI Platform」で知られている。

 MindMeldのプラットフォームは幅広い自然言語理解、ナレッジグラフインデックス、質問応答システム、会話管理と会話のステータス追跡などの機能を持ち、大規模なトレーニングデータの生成と管理も可能だ。

 Ciscoは将来、対話型のインターフェイスを使って人間がコンピュータシステムとやりとりし、デバイスに話しかけるだけでタスクを完了できるようになると想定している。MindMeldの買収はそうした考えに基づくものだ。

 CiscoでIoT及びアプリケーション担当シニアバイスプレジデントを務めるRowan Trollope氏は、「対話型インターフェイスは次の大きなステップだ。MindMeldと最高経営責任者(CEO)Tim Tuttle氏が当社に加わり、AIによるコラボレーション技術の次の時代を導くことを嬉しく思う」とコメントしている

 Ciscoによると、MindMeldのチームは買収後、CiscoのIoTとアプリケーション事業部内に「Cognitive Collaboration」チームを作ることになるという。MindMeldの技術を使って、「Spark」などのコラボレーション製品に対話型のインターフェイスを加える計画も明らかにしている。

 Ciscoはこのところ複数の企業を買収しており、MindMeldは5月に入り3社目の買収となる。5月1日にSD-WANの新興企業Viptelaを、4日にSaggezzaを買収する意向を発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算