編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

クラウドと「ビッグソフトウェア」の時代を生き抜く3つの方法

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-05-16 06:30

 以前はアプリケーションの管理も簡単だったが、今日のアプリケーションは何千もの(物理的あるいは仮想的な)マシン上に展開される、複雑なものになっている。

 こういった複雑に絡み合って広がったアプリケーションには、複数のコンポーネントが含まれており、接続ポイントが社内中に広がっていたり、クラウドを通じて外部に広がっていたりする場合もある。

 では、エンタープライズコンピューティングの次のステージに備えて、最高情報責任者(CIO)がIT部門をオーバーホールするとすれば、そこにはどんな課題があるだろうか。この記事では、CIOが知っておくべきポイントを紹介する。

1.ビジネスの変化に対応できるプラットフォームを用意する

 デジタル時代に成功する企業は、テクノロジを日常的なプロセスに取り込む能力を持っており、これまでIT部門と事業部門の間にあったような分断を持たない。

 従来型の企業のCIOは、同様の考え方を社内で後押しする必要がある。ほかの部門から分離したコストセンターになるのではなく、あらゆる部門と直接連携しながら仕事を進めるべきだ。CIOに今求められているのは、事業部門のニーズを知り、各部門がテクノロジに関する判断を適切に下せるようにサポートですることだ。

 多くのエンドユーザーは、実はデジタルに詳しい。IT部門が適切なツールを提供しなければ、各事業部門は社外のコンサルタントを雇って、独自のソフトウェアを用意してしまうだろう。幸い、ユーザーがサービスをオンデマンドで利用可能な、適切に管理されたクラウド戦略を用意すれば、変化が起きても対応できる基盤を提供できる。

 AstraZencaのCIOであるDave Smoley氏は、「今では、いつでも、どここでも、オンデマンドでコンピューティングパワーやストレージ、アプリケーションを手に入れることができる」と述べている。「大規模な投資を行う必要はないし、長々とした調達プロセスも必要ない。これらの素晴らしいイノベーションは、クラウドによって可能になった。しかし、悪魔は細部に宿るものだ」

 CIOは、ほかの事業部門が、オンデマンドITを最大限に活用できるようなガバナンスを確立する必要がある。複数のサービスを1つにまとめるには、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)が重要だ。しかし、特定のベンダーに押しつけられたAPIを使えば、ロックインが発生して、将来、事業部門がアプローチを変えることが難しくなる可能性もある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]