編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

日経平均上放れ--設備投資増勢、自動車は不振

ZDNet Japan Staff

2017-05-15 10:02

今日のポイント

  1. 企業業績の改善と政治不安の緩和を受けて日経平均は上放れ
  2. 自動車は不振。設備投資関連が好調

 これら2点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

政治不安の緩和、企業業績の拡大を受け、日経平均は上放れ

 先週の日経平均は、1週間で438円上昇し、1万9883円となった。一時、2万円に迫ったが、週末にかけて利益確定売りが出た。

 2016年以降の日経平均の動きを、以下の週足チャートで簡単に振り返る。

日経平均週足:2016年1月4日~2017年5月12日


注:楽天証券マーケットスピードより作成

(1)2016年1~3月:経済不安・政治不安が同時に高まり日経平均が急落

 世界景気が悪化。同時に、世界的に政治不安が広がり、円高が進んだ。6月には、英国民投票で、ブレグジット(英国のEU離脱方針)が可決され、世界の株式市場はショック安となった。

(2)2016年7~10月:日経平均反発

 この頃から、世界景気が回復基調に入り始めた。世界的な政治不安は続いていたが、世界景気改善の織り込みが始まった。

(3)2016年11~12月:トランプ・ラリー

 世界景気の回復色が徐々に強まる中で、米大統領選でドナルド・トランプ氏が当選した。トランプ氏が積極的な景気刺激策を表明し、トランプ政権への期待が広がった。米景気改善・米利上げ(12月)・政治不安の緩和を受けて、円安が進んだ。

(4)2017年1~2月:ボックス圏

 世界的な景気回復は続いたが、世界的な政治不安が高まった。トランプ期待が萎み、トランプ不安が広がった。政治不安を受けて、円高が進んだ。日経平均は、景気回復期待と、世界的な政治不安の高まりの綱引きで、ボックス推移となった。

(5)2017年3~4月:政治不安・米景気失速懸念から下落

 北朝鮮が核実験・ミサイル発射を繰り返していることに対し、トランプ大統領が先制攻撃も辞さないと表明。朝鮮半島有事で、日本や韓国が巻き添えを食う不安が広がった。また、仏大統領選で極右ルペン候補が当選し、EU崩壊が加速する不安も広がった。この頃、米景気指標が軟化し、米景気への不安も出た。政治不安と米景気の軟化を受けて円高が進み、日経平均が売られた。

(6)2017年5月:政治不安が緩和、景気回復期待が強まり、日経平均は上放れ

 米国・中国・ロシアが連携して北朝鮮に圧力をかけ、対話路線にも含みを持たせていることから、朝鮮半島有事のリスクは低下したと見なされた。仏大統領選は、中道のマクロン氏が勝利し、安心感を与えた。米景気は、4月の雇用統計が強く、1~3月の減速は一時的との見方が広がった。政治不安が緩和し、円安が進む中、日本の企業業績に回復色が強まったことを受け、日経平均は上放れた。

今後の展開

 日経平均は、下値を切り上げ、2万円台が定着すると考えている。景気・企業業績の改善が続くことが、日経平均の押し上げ要因となりそうだ。

 不安材料は、自動車セクターの業績不振である。米自動車販売が、減少に転じていることが、影響する。米景気は好調だが、自動車販売は、ピークアウトした可能性がある。

 一方、設備投資関連は好調だ。世界的に受注が伸び、業績モメンタムが改善している。米国で、設備投資が盛り上がりつつあること、中国で産業用ロボット・工作機械・FA機器の受注が盛り上がりつつあることが、日本の設備投資関連の追い風となっている。半導体関連も、業績に勢いがついてきた。

 日本株のポートフォリオで、自動車の組み入れを減らし、機械・半導体関連の組み入れを増やすべきタイミングと思う。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]