編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
座談会@ZDNet

「アーリーアダプターはもう儲けている」--IoTビジネスの現在:座談会(2)

山田竜司 (編集部) 飯田樹

2017-05-31 07:00

 IoT関連のビジネスを推進している企業が現れ始め、国もその動きを加速させている。これまでIoT関連の事業では、既存のビジネスの「カイゼン」などに重点を置いたものが多かったが、今後、IoTで新しいビジネスを創るには、何が必要なのか。IoT分野で新規事業を推進するために必要な考え方や事例を、新興ベンダーを中心に議論する。参加者は以下の5人。今回は第2回(第1回)。

参加者(順不同)

  • ソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏
  • エスキュービズム 取締役 武下真典氏
  • シーオス 代表取締役社長 松島聡氏
  • ウフル 専務執行役員 IoTイノベーションセンター所長兼エグゼクティブコンサルタント 八子知礼氏
  • 東洋ビジネスエンジニアリング ソリューション事業本部 IoTエンジニアリング本部 本部長 志村健二氏

IoTに関心を持っている層


シーオス 代表取締役社長 松島聡氏

 志村氏IoTに対する期待ついて、われわれもセミナーや展示会で会う顧客の話を聞いていると、「IoTは何ができるか、何をすればいいか」という人達がまだまだいます。われわれの顧客は製造業が中心ですが、裾野が広いと思いました。コマツに代表されるような、自社で立ち上げて自分たちで展開していく会社もあれば、これから始動していく会社さんも実際は多いのかなと。

 もう1つ目立つのが、経営者に「IoTで何か提案しろ」と言われて来る方が多いということです。その方に「経営者の方はIoTを知っていますか」と聞くと、「多分知らないから教えなきゃいけない」と返答がありますが、目的がないと具体的にはなりません。IoTでカイゼンをやりたいのか、儲けたいのかが分からない状態で、ワードだけ先に進んで、そこまで解釈されていない現実を感じています。

 松島氏:私は2016年12月に『UXの時代-IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか』(英知出版)という本を出しましたが、反響の大きさから関心の高さを改めて感じました。講演に呼ばれるようになり、読者になるべく会って、なぜこの本を読んだのか聞いていました。

 すると、だいたい3つに分かれる。1つは経営企画で「IoTを使って、何か新しいことをやっていきたい」というまさにイノベーションの人達です。2つ目は「IoTやAIやロボティクスは全然わからないけど、興味があるから情報収集したい」という人達。もう1つは起業家です。講演の時に「皆さんどういう目的で来ていますか」と聞くと、大体1:1:1という状況になります。関心の高さが経営層にあり、イノベーションにIoTを使うとどう経済価値が生まれるかに紐付いてる印象です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]