編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
座談会@ZDNet

IoTシステムのアーキテキクチャ--集めたデータの使い方:座談会(4) - (page 3)

山田竜司 (編集部) 飯田樹

2017-06-14 07:00

 松島氏:少しズレているかもしれないのですが、IoTを推進するために必要なこととして1つ加えるとしたら、BtoBだけでなく、BtoCでもビジネスをすることだと思います。われわれはBtoBが中心ですが、BtoCでトライアスロンのサービスを扱っているのは、私がトライアンスロンに時間を使っているため、ユーザーとして良いビジネスが作れると思ったからです。


シーオス 代表取締役社長 松島聡氏

 私にはBtoCとBtoBの事業感覚は一緒なんです。一方、BtoB領域ではサプライサイドに立って、自分たちにあるものを売ってしまいがちですという企業もあります。これは止めるためにコンシューマ向けのビジネスの感覚が必要ということです。

 IoTビジネスは、新しいサービス、事業を作ることそのものです。それはどこかのコストをもらって何かをするということではないので、「ユーザーとともに」というビジネスモデルが非常に良いと思っています。

 われわれでうまくいっているのは、共同事業が多い。今までみたいに買ってもらうのではなくて、お互いがリスクを取る方法です。そういうプロダクト・アズ・ア・サービスだったり、ソフトウェア・アズ・ア・サービスを、成功報酬のモデルでやっていかないと、難しいのではないかなと思っています。

 そうしないと、道具を買って費用対効果を見ることになって、ユーザーの立場で仕事ができない。だから「一緒に事業をやる」ということではないかなと。

IoTプラットフォームに必要なシステム

 ZDNet:データ収集とデータ分析を含めて、IoTのプラットフォームとしてどんなシステムを構築したら新しいビジネスを作れるようになるのか。話をお聞きしたいです。

 玉川氏:システム的な観点として、最近僕は「IoTスケール」という言葉を社内で使っています。「小さいものから大きいものまで」みたいなイメージです。

 IoTでは、一個のものはすごく小さくて、生成されるデータも小さいのに、大量のデバイスを相手にしなければなりません。これを従来型のシステム設計でやろうとすると、キャパシティ設計ができないんです。想定ユーザー数も「10万~100万になるかもしれないけれど、最初は100から始まります」みたいな感じになって、投資は大きいけどリスクも大きいシステム投資のようになってしまいます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]